アメリカカンザイシロアリは防げる!





はじめに

6月24日の朝日新聞の記事を読んでショックを受けた方も多いと思います。ご近所にアメリカ乾材シロアリが発生したら、その「侵入をくい止めるのは、先ず無理」だからです。

カリフォルニアに住む友人が、中西部へ転勤となり、家を売ることになりました。業者のシロアリ駆除証明が必要です。検査の結果、乾材シロアリが発見されました。駆除するためには、家中の木材を丹念に調査し、乾材シロアリの摂食音を探知して穿孔し、殺虫剤を注入します。友人は、施工が終わった家に入って愕然としたそうです。柱もハリも傷だらけで、おまけに高い請求書をわたされ、泣けたそうです。“シャックリを止めるにはTermite(シロアリ)と言え”という冗談もあります。

アメリカ乾材シロアリは、乾燥した木材中にコロニー(巣)をつくります。コロニーが大きくなると、6月から10月にかけて、選ばれた若者(有翅虫)を子孫繁栄のため外界に送り出します。有翅虫は、付近を飛び回り(群飛)、パートナーを見つけるとカップルで新居を探します。途中、小鳥に食べられ、不時着すれば蟻の餌になりますが、幸運なカップルは木材にたどり着き、羽根を落とし、錐のように木材に潜り込みます。不幸にも、この木材があなたの家だったら、数年後には食害が表面化することになります。





アメリカ乾材シロアリの予防


米国では、長年、燻蒸法が唯一の乾材シロアリ駆除法でしたが、費用がかり、住人やペットは施工中退去する必要があります。また、燻蒸法は予防効果がないため、駆除してもいつ乾材シロアリが侵入するか分かりません。これに対し、最近、素人でもできる簡便法が普及しつつあります。中でも、ホウ酸塩水溶液を木部に塗布する予防法は安全で確実です。ホウ酸塩は化学的に安定で、木材にしみ込んだら洗い流さない限り効果が持続します。ホウ酸塩処理は、腐朽菌やヒラタキクイムシにも効果的です。

アメリカ乾材シロアリのカップルは、塗料や殺虫剤を塗布した木材には侵入しません。これが、乾材シロアリ予防の決め手になります。

シロアリの研究で世界的に知られるフロリダ大学のNan-Yao Su教授は、「乾材シロアリに対して最も効果的な防除策は、建設時に住宅に組み込むことができる。具体的には、建築法規が許す限り加圧処理した建材を使い、住宅の骨組みが完成した時点で、すべての未処理材にホウ酸塩水溶液を散布することである」と述べています。右の写真では新築住宅のすべての木材をホウ酸塩水溶液で処理しています。

ホウ酸塩としては、安全性、使いやすさ、効果の持続性から、八ホウ酸ニナトリウム四水塩(DOT)がお奨めです。この薬剤をご希望の方は、(有)ボロンテクノロジーまでご連絡下さい。






DOT水溶液の調製


乾材シロアリの予防には、木部に10-15のDOT水溶液を塗布します。15%水溶液は、床組や外壁構造材の防腐・防蟻処理にも十分通用するので便利です。

15%水溶液5Lを調製するには、800gのDOTに50℃前後の温水4Lを加え、透明な水溶液になるまでかき混ぜ、最後に水を加えて5Lにします。ポリエチレングリコールのような界面活性剤を少量加えると、樹脂分の多い材木にもなじむようになります。処理液は、噴霧器で散布するか、刷毛(はけ)塗りします。


*DOT溶液を扱う場合、3つの点に注意して下さい。

@  幼児の誤飲は危険です。幼児の手の届く場所に、溶液を放置しないで
 下さい。
A  植物にかかると枯れることがあります。鉢植えや盆栽はポリ袋を被せ
 安全な場所に移して下さい。
B  ガラスにかかったら濡れたタオルや雑巾で拭き取って下さい。1日放置
 するととれにくくなります。

 



 *************************************************************************


新築住宅の処理


住宅の骨組みが完成し、屋根がついて雨が吹き込まなくなった時点で、すべての木材(構造材)の表面にDOT水溶液を塗布します。木材の表面が完全に濡れれば十分です。これ以上塗布したら液が流れ出すところで止めます。(多少過剰でも問題ありません。)

全構造材を処理するのは大変だと考えられる方は、重点的な処理でも効果はあります(完全ではないですが)。

屋根組:将来、屋根組に乾材シロアリが付いたら酷いことになります。日本式の部屋では、天井板があるため、屋根組の処理が困難で、処理業者も敬遠するほどです。断熱材がセットされる前に、丁寧にDOT水溶液を散布してください。しぶきが少々顔にかかっても問題ありません。

ひさし:ひさしの下側は、紫外線劣化することもないので、無垢の木材が露出していることがあります。これは将来乾材シロアリの侵入口になります。

エクステリア:屋外に露出し、完成時に塗装する部材も、念のためDOT処理しておくとよいでしょう。但し、塗装業者に連絡し、塗装前に塗料の馴染み具合をチェックしてもらうとよいでしょう。木製のデッキ、バルコニー、濡れ縁、玄関回り、なども乾材シロアリの侵入路になりますので、処理しましょう。

外壁材:省エネルギー時代に突入すると、外壁構造材(柱、間柱、筋交い、構造合板など)の腐朽が問題になります。50年後を見越して、これらの部材にDOT溶液を散布しておくと安心です。北側の壁や水回り(風呂、キッチン、トイレ)は、特に念入りに処理します。

 
**************************************************************************







既設住宅の処理
  


自宅ではアメリカ乾材シロアリの兆候は見られないが、近所がやられているらしい。ことによると、もう乾材シロアリが侵入しているかも知れません。こんな場合でも、あえて防除処理に挑戦してください。理由は、

 DOT処理は簡単で、DIYなら費用もあまりかかりません。
 乾材シロアリは、同じ家の中で新しいコロニーを作りどんどん広がり
 ます。この伝搬経路は、DOT塗布で絶ち切れます。有翅虫が飛び出し
 ても、処理した木材には入れないからです。

乾材シロアリが侵入してから被害が深刻になるまで10年以上かかります。日本では、現在、日本しろあり対策協会が中心となって、日本の住宅に適した乾材シロアリ防除技術のマニュアル作りをしているそうです。もうしばらく持ちこたえれば、専門業者に任せられるようになるでしょう。それまで、被害を最小限に押さえることです






屋外部材の処理


マイホームを外から眺め、「自分がシロアリだったらどこを攻めるか」考えて下さい。ひさしの下側の部材、木製のベランダ、デッキ、物干し台、ポーチの柱、土台、戸袋、などすべての木材が乾材シロアリのターゲットになります。塗装が完全なら乾材シロアリは侵入できません。しかし、割れ目があったり、塗料が剥がれていれば、立派な侵入経路になります。

塗装が完全かどうかは、次の方法でチェックします。

@


 刷毛で水を塗ります。水をはじかない場合は要注意です。DOT溶液を散
 布して下さい。乾燥したら、上からシリコーン撥水剤や塗料を塗布し
 DOTが溶脱しないようにします。

A
 セロテープを貼り付けて剥がします。塗膜が弱くなっている場合は、剥
 離してセロテープに付着します。こんな場合は、塗膜を除去し、DOT処
 理してから再塗装して下さい。

木材の木口や側面が割れている場合は、割れ目にDOT溶液を流し込み、乾燥してから、シール剤で塞いで下さい。

乾材シロアリの有翅虫カップルが、風にとばされて基礎の通風口から床下に入れば、床組に潜り込むことになります。通風口の金網を点検して下さい。








屋内部材の処理 


屋内も乾材シロアリのターゲットにことかきません。風に乗って窓から流れ込む乾材シロアリを予防するには、できるだけ多くの木材をDOT処理することです。注意すべきことは、建物1つ1つが異なるため、安全を第1に考えながら、ケースバイケースで最善の判断をする必要があることです。建物部材以外でも、家具、額縁なども乾材シロアリの攻撃目標になります。

屋根組は、垂木、トラス、梁、合板、パーティクルボードなどアクセス可能なすべての木材にDOT溶液を散布します。和風住宅では、洋風住宅と違って、屋根組に近づくのは困難です。また、断熱施工方法によっては、木部が断熱材に隠れて処理が難しくなります。新築時の処理が如何に重要かお分かりになると思います。アクセスが難しくても屋根組材が露出している場合は、高圧の噴霧器で、DOT水溶液を霧のように噴霧するミスト法やDOT溶液を泡にして吹き付ける泡処理法が利用できます。



さらに詳しい情報を希望される方は、E-メールでお問い合わせ下さい。








(有)ボロンテクノロジー
arakawa@borate.jp