ご挨拶

〜ボロンdeガードをよろしく〜
 




わが国の木造住宅の耐用年数は30年といわれ、先進国では際だった低さです。

30歳代でマイホームを購入した方は、定年直後に立て替えることになります。老後の生活設計はピンチです。何とかマイホームを100年持たせたい! 



               答えは、ボロンdeガード・DIYです


右の写真は、よく見かける新築風景です。オレンジ色は、木材をシロアリや腐れから守るため、表面処理剤を塗布した証拠です。処理は、建築基準法で義務づけられています。

日本で認定されている表面処理剤は、ほとんどが合成殺虫剤(いわゆる農薬)です。しかし、欧米では、住人の健康を考慮し、合成殺虫剤を予防の目的で住宅木部に塗布することは禁じられています。


合成殺虫剤は、農産物の残留農薬汚染を防ぐため、即効性と短期分解性が必要です。従って、合成殺虫剤で住宅を処理しても、防蟻効果は5年以内に消滅します。薬剤を塗布した柱は、完成した住宅では壁に中に隠れます。住宅を長期間もたせるためには、5年ごとに壁を開き、内部の木材を再処理する必要があります。こんな馬鹿げたことをやる人は皆無でしょう。


その結果、ほとんどの住宅で、劣化しやすい外壁の下部は、無防備で放置されています。要するに、合成殺虫剤系の表面処理剤を住宅に使用するのは間違っているのです。

弊社がこの度発売しましたボロンdeガードの有効成分は、八ホウ酸二ナトリウム四水塩(DOT)とよばれるホウ酸塩です。DOTは米国環境保護局(EPA)が、木造住宅の防腐・防蟻処理材として認可している木材現場処理剤です。人やペットに安全で、効果は半永久的に持続します。


マイホームをこれから建てられる方。防腐防蟻処理は、ボロンdeガードをお奨めします。

既にマイホームを建てられた方。至急シロアリ被害をチェックしてください。
 
            チェック方法「マイホーム点検法」
をご覧下さい。

被害のなかった方、ボロンdeガードで今後の被害を未然に防いでください。
被害を発見した方、専門業者に相談してください。

この他、疑問の点などございましたら、弊社ホームページの技術情報や文献紹介をご覧になって下さい。また、ご質問、ご意見など、メールまたはファックスでお寄せ下さい。






                               平成19年8月13日

                             有限会社 ボロンテクノロジー

                              代表取締役 荒川民雄