地震!  あなたの家、大丈夫?



木造住宅の90%以上が腐れやシロアリ対策の面で建築基準法に合格しません。新築時の防腐防蟻処理に農薬を使うからです。

農薬は、残留農薬や環境汚染を避けるため分解、消滅しやすい!効果は5年しか持続しません。5年ごとに再処理する建前です。

しかし、5年後には、柱や筋交は壁の中です。壁を開いて処理するには、標準的な住宅で、んー百万円かかる。仕方がないから、床下の木材や土壌を処理してごまかします。この時点で、立派な建築基準法違反住宅が誕生します。

違反住宅でもいいじゃない?冗談じゃないですよ!雨漏りや結露で、壁に水が入れば、防腐処理をしていない柱や筋交は、数ヶ月で腐ります。強い地震が起これば、柱や筋交が外れ、住宅はペシャンコです。地震で10~20戸の住宅が倒壊すれば、1つの人命が失われます。

長期優良住宅を農薬の力で3世代(75年)もたせるためには、5年ごとに、全部で15回処理する必要があります。毎回んー百万円かかります。

住宅を長持ちさせるには、安全・安心のホウ酸処理です。ホウ酸は、灼熱の砂漠で2000万年耐えた天然物(ノンケミカル)です。





写真1 新築住宅の防腐防蟻処理。処理した証(あかし)に薬液を着色する。着色部は、完成時、壁内に隠れる



写真2 築5年の再処理では、業者は床下に入り、床組などの木材を処理する。外壁構造材の防腐効果はゼロ!



写真3 阪神淡路大震災で1階がつぶれた住宅。比較的新しい住宅で、1階外壁の柱や筋交が劣化すると、このように倒壊することが多い