2007.813

                誰にもできる防腐・防蟻処理

 マイホーム点検法







1.   屋外の点検

写真1 基礎に接近した植生

マイホームのメンテナンスは、周囲の点検から始めます。草や植え込みが茂って、家屋に接近、接触していないか。写真1では、雑草がコンクリートの基礎に接近しています。光や風の嫌いなシロアリも、雑草を利用して家屋の木部を狙うようになります。

通風口は整備され、正しく作動しているか。通風口近くに空気の流れを妨げる物品を置いていないか。床下の換気が悪くなると、床下の湿度が上昇し、木部の劣化が起こりやすくなります。

布基礎に蟻道や蟻土の痕跡はないか。写真2では、布基礎近くに積んだ木材に向け、屋内側から基礎外側に蟻道が伸びています。シロアリが床下で活動している証拠でもあります。一般に、家屋の近くに木材を積んでおくと、シロアリを誘う結果になりますので注意して下さい。

写真2 基礎外面の蟻道

次に、建物外部の木構造を点検します。軒下、濡れ縁、玄関ポーチの柱や装飾構造物、デッキ等です。雨樋に木の葉などが詰まって排水が悪くなると、雨のたびにあふれて軒下を濡らし、ヤマトシロアリの食害を受けるのは、よく聞くパターンです。

デッキは部材の接合部や木口など、水を含み安い場所を中心に点検します。湿ったり、変色したりしている場所は、保存処理しておきましょう。デッキと住宅本体の結合部分は、外から見えにくく、シロアリを誘う可能性があります。ボロンdeガード・DIYを十分散布し解けば無難です。



外構材の保存処理はボロンdeガード・DIY が効果的です。塗装してない材は、ボロンdeガード・DIY 1-2回塗布し、乾いてから塗装します。塗装は、ボロンdeガード・DIY 有効成分の溶脱を防ぎ、同時に木材を紫外線から保護します。

塗装された外構材あるいは断面の大きな外構材に腐朽の兆しがある場合は、患部にドリルで穿孔し、ボロンdeガード・DIYを注入します。詳しくは、ボロンdeガード・DIYの使用説明書をお読み下さい。




2.屋内点検と処理

屋内点検は、腐朽(腐れ)やカビが中心ですが、シロアリの被害を発見することもあります。

風呂場、洗面所、キッチンの周囲で水に濡れやすい木材はないでしょうか? 結露しやすい風呂場の窓枠、出窓板、風呂場入り口の框(かまち)等です。和室の掃き出し窓の框も結露で濡れる場合があります。いつも濡れている木部は、やがて変色を始めます。カビや腐れの前兆です。ボロンdeガード・DIY処理液を刷毛で塗りましょう。特に木材と木材の合わせ目は水分を保持しやすく、それだけ劣化しやすいので注意しましょう。半年に1回くらい塗ると確実です。

和室の床板はシロアリの食害を最も受けやすい場所の一つです。畳はすぐれた断熱材です。冬期、室内は暖かく湿度も高いのですが、床下は寒い風が吹き抜けます。

室内の湿気は畳の隙間を通り、冷たい下地板で凝縮(結露)します。結露はカビや腐朽菌、シロアリを誘います。畳を上げ、下地板を点検してください。湿気やカビはありませんか。徴候の有無にかかわらず、ボロンdeガード・DIYを散布します。

散布は床板が光る程度でやめます。隅や周辺は念を入れて散布してください。これで、腐朽やシロアリの食害を防止できます。散布後2-3時間で処理液は木部に吸収されますので、畳を元通りに敷きつめます。

玄関は、不思議なくらいシロアリの被害を受けます。撒水や土盛りが原因です。玄関周りの木材をよく観察し、木槌で軽くたたくかドライバーで軽く突いてみます。ボコボコ変な音がしたりドライバーが突き刺さったりしたら紛れもなくシロアリです。手軽にできる試験ですので試してください。発見したときは手遅れのケースが多いのですが。

被害のない場合は、予防のため、ボロンdeガード・DIY を塗布します。塗装のある場合ボロンdeガード・DIYは浸透しませんので、床下側から処理します。


3.床下点検と処理

床下点検を始める前に、これまでの維持管理記録を確認します。特に、過去5年以内に土壌処理や木部処理をしている場合は、使用した薬剤を確認して下さい。薬剤が残留している可能性の高い場合は、床下に入ることは危険です。ボロンdeガード・DIY は安全性が高いので、長袖シャツ、長ズボン程度の服装で作業できますが、この姿で合成殺虫剤が残留する床下に入ると危険です。安全と思われても、異臭を感じたら作業を中止し、当面は床下換気を励行するようにします。

床下環境の安全を確認できたら、床下に入って構造材を点検します。


床下に入るには

写真3 収納庫の床から入る

築後20年程度の比較的新しい木造住宅では、キッチンの床下収納庫から床下に入る構造が多いようです。ドライバーでネジを外し、収納ボックスを取り外せば、床下への通路になります。

和室の一角に、床下への入口が設置されている場合もあります。こたつ(炬燵)を外して入る場合もあります。

特別な入り口がない場合は、押入や、物置の床を外すとよいでしょう。右の写真はトイレに隣接した物置です。トイレ、風呂場、洗面所、玄関など、腐朽菌やシロアリの被害を受けやすい場所に近く、床下への入り口としてはベストポジションと言えるでしょう。一度はずした床板は固定せず、いつでも床下に入れるようにしておくと便利です。



床下作業は、帽子(頭の保護)、長袖作業着、作業ズボン、運動靴程度の服装がよいでしょう。ホームセンターなどで売っているつなぎの作業服も便利です。マスクも着用します。ボロンdeガード・DIY は毒性が微弱ですので、多少しぶきを浴びても問題ありません。

床下を這うのは結構きつい仕事です。夏期よりも、春か秋の日を選びましょう。



点検・防除作業に必要な道具

写真4 点検・防除作業に必要な道具

点検と防除に必要な道具を右の写真にまとめました。照明は、明るい大型のものがよいでしょう。ドライバー、ナイフ、小型の木槌かラバーハンマーも持参してください。

ボロンガード処理液の散布はガーデニングに使用する噴霧器を転用できます。写真の噴霧器は、ナショナルBH-593で、ホームセンターで6千円ぐらいです。単1のアルカリ乾電池6個で2〜3軒の家を処理できます。横置きタイプなので、床下で作業しやすく、便利です。


床下の点検

床下に入ったら土台、束柱、大引き、根太等の床組木部を中心に、腐朽や蟻害の有無を検査します。

被害を受けやすいのは、風呂場、脱衣場、洗面所、トイレ、台所など水回りの木部や床板、玄関まわりや和室の床板などです。家の北側は南側に比較して被害を受けやすいといわれます。

腐朽や蟻道、蟻土、食痕の有無、木材の異常な吸湿や変色、打診による空洞検査、カビの発生、などの異常を調べます。

写真5 建設初期の布基礎と土台

蟻道と蟻土

マイホームにシロアリがついているか否かは、注意深く観察すれば比較的容易に判定できます。日本を代表するシロアリはヤマトシロアリとイエシロアリですが、どちらも地下シロアリで、地中から建物へ侵入します。木造住宅では、通常、写真5 のようにコンクリートの布基礎に土台をボルトで固定し、この上に木構造を組み上げます。地中から侵入したシロアリは、木部に到達する前にコンクリートの表面を這い上がります。 

写真6 イエシロアリの蟻道

この際、光と風を嫌う地下シロアリは、必ず土や糞を固めたトンネル(蟻道)を作ります。写真6はハワイの野外試験の例です。シロアリは地中から試験体20に向け蟻道を構築しましたが、ホウ酸塩処理材だったので諦めています。

光や風を嫌うシロアリは、食害している木材の割れ目や継ぎ目に蟻土と呼ばれる排出物や土砂を詰めたり、盛り上げたりします。写真7のコンクリートブロックと中央の試験体に蟻土が見られます。蟻道は、シロアリの活動を知る上で信頼性の高い判定材料です。




食痕     

シロアリは軟らかい春材部を好んで食べ、硬い秋材部を食べ残すため、蟻害を受けた木材は写真7の下側の試験体のような特徴のある食痕を示します。

写真7 蟻土と蟻道

空洞音

シロアリは、製材の中心部を食害し、外周を食べ残す習性があります。このため、蟻害の進んだ木材はハンマーでたたくと空洞音がします。またドライバーで簡単に穴があきます。

羽アリ

蟻害を受けている住宅では、初夏に羽アリ(有翅虫)が群飛します。群飛に気づいたら点検しましょう。自宅にシロアリがついた可能性があります。

シロアリ防除には、日本しろあり対策協会ホームページの“シロアリ防除の概要”や“しろありQA”が参考になります(http://www.hakutaikyo.or.jp/)。また、同協会出版の“しろあり及び腐朽防除施工の基礎知識(防除施工士受験用テキスト)”もお奨めします。お問い合わせは、日本しろあり対策協会関東支部まで。
Tel 03-3341-7825 Fax 03-3341-7830)。



腐 朽

腐朽の被害は、金額にするとシロアリの被害の2−3倍といわれます。腐朽は吸湿した木材中で腐朽菌が繁殖する現象です。乾燥した木材は腐りません。腐朽は次のようにして点検します。


1)木材が濡れていないか。腐朽菌はどこにでも存在します。木材が濡れているときは、腐朽が進行中か、近い将来腐朽が深刻化すると考えられます。

2)変色していないか。腐朽の進んだ木材は、正常な木材より黒ずんだり、明るく見えたりします。

3)機械的性質の変化。腐朽が進むと木材は軟らかくなり、ナイフの刃が容易に刺さります。ナイフの刃を材面に浅い角度で刺し、表面の組織をこじ上げます。長い細片がポキンと折れれば正常です。腐朽が進むと短い細片しか得られず、直ぐに崩れます。

4)キノコが生え出すと末期症状です。

腐朽は早めに発見し、ボロンdeガード・DIYを塗布(散布)します。木材内部の深い部位での腐朽は、ドリルで木部に穿孔し、ボロンdeガード・DIYを注入します。

腐朽が進むと素人の手に負えなくなります。構造上重要な部材の腐朽が進行している場合は、

専門家に相談し、修理する必要があります。ここまで行く前に、早めに処置することが大切です。