中野区のアメリカカンザイシロアリ問題

マイホームを守るために!

                           (有)ボロンテクノロジー                              
                            荒川民雄 

 

1 被害の現状

先日、中野区の某商店街でアメリカカンザイシロアリ(以下、カンザイシロアリと略します)を調査しました。驚いたことには、商店街の軒先のあちこちにカンザイシロアリの特徴ある糞が散乱し、被害の深刻さを伺わせています。ここは、日本でも有数のカンザイシロアリ生息地と思われます。参考まで、写真をいくつか紹介します。


アメリカカンザイシロアリが
生息する商店街
軒先に散乱するアメリカカンザイシロアリの糞粒 糞粒の拡大写真

カンザイシロアリは、木材内部にコロニーを作り、周囲の木部を食害します。巣穴に糞がたまると、「蹴出し穴」から邪魔な糞粒を蹴り出す習性があります。蹴り出される糞は、穴の真下に積もり、これが被害発見の最初の手がかりとなるケースが多いようです。採取した糞粒を拡大鏡で眺めると、特徴のある六角形の米俵状で、カンザイシロアリのものと見て間違いないようです。

問題は、都心近くで発生したアメリカカンザイシロアリの被害が、放置されていることです。速やかに対策をとらない限り、被害範囲は、今後も着実に広がって行きます。


2 アメリカカンザイシロアリの生態

米国でカンザイシロアリといえば、ハワイ、フロリダ、カリフォルニア、メキシコ湾岸が本場で、数種類が生息しています。地震の多いカリフォルニアでは、カンザイシロアリの被害を受けた住宅が、中程度の震度で倒壊した例もあります。地震国日本では、特に警戒すべき点です。

カンザイシロアリは、6月から10月頃まで長期間にわたり群飛を繰り返します。コロニーから羽根の付いた「有翅虫」が飛び出し、付近の空中を乱舞します。やがて雌雄がペアーとなり、新居を求めてさまよいます。運良く木材表面にたどり着くと、羽根を落として木材に孔をあけて侵入し、コロニーを作ります。このため、住宅への進入路は、軒下、木製ドア、デッキ、戸袋などの外部に露出した木部を経由することが多いといわれます。典型的な被害は、軒下から天井裏に入るケースです。

カンザイシロアリは、数百から数千頭が小さなコロニーを作ります。屋内で発生した有翅虫は、近くの木材に再侵入することが多く、被害が進んだ段階では、多数のコロニーが同じ屋内でバラバラに活動しています。これが駆除を難しくしています。



3 防除方法

シロアリ研究者として著名なフロリダ大学のNan-Yao Su教授は、乾材シロアリの駆除方法として、表1の8種の方法を挙げています。これらの駆除方法は、米国に生息する数種の乾材シロアリに共通のものです。


表1 乾材シロアリの駆除方法と長所及び短所
処理方法 長所 短所
燻   蒸 建物全域にいる乾材シロアリを完全に駆除する。 住人、ペット、食品は、2−3日、建物から避難する必要がある。
高温加熱 特定の場所(部屋、天井裏など)を加熱し、シロアリを死滅させる。 耐熱性に乏しい物品を処理区域から撤去する必要がある。
低音冷却 壁の中に液体窒素を流し込み、低温でシロアリを死滅させる。通常は2×4住宅の壁内部が対象。 液体窒素を注ぎ込むために、壁に孔をあける。
電  殺 ハンドガンの高電圧端子を近づけ、シロアリを殺す。 致死処理量を測定する手段がない。
マイクロウェーブ マイクロ派でシロアリの生息する木材を加熱、シロアリを殺す。 狭い場所では駆除作業をしにくい。
穿孔注入 殺蟻効果の持続する薬液を巣穴に注入する。実績が豊富である。 白蟻の住み着いた木材にドリルで穿孔する必要がある。
ホウ素系木部
処理剤の散布
広範囲の処理が可能。保護効果が長時間持続する。 塗装した木材に不適。シロアリの生息する部分に穿孔、注入が望ましい。
部材の交換 シロアリのついた部分の完全撤去 食害が撤去困難な部材へと広がった場合は、方法は不適当。

表1の駆除方法中、燻蒸、穿孔注入、ホウ酸塩散布の三つは汎用性があり、日本でも使えるものと思われます。

燻蒸は、長年使われてきた臭化メチル(CH3Br)がオゾン層破壊物質として禁止され、現在ではフッ化スルフリル(SO2F2)が使用されています。施工は、建物全体をガス不透過性シートで包み、内部へ毒性の厳しいガスを吹き込み、1−2日間所定の濃度を維持します。燻蒸法は実績のある効果的な方法ですが、処理費用が高く、又危険なガスを使用するため、家屋の密集した地域での施工は許可されないでしょう。

住宅木部にホウ素系木部処理剤を散布しカンザイシロアリを防除する方法は、施工が安全で、予防効果も高く、効果は半永久的に持続します。処理剤としては、八ホウ酸二ナトリウム及びグリコールボレイトがEPAの認可を受けています。泡処理法、ミスト法などの普及で、最近では、害虫駆除業者の中には、ホウ酸塩処理が燻蒸処理に匹敵すると評価する人も増えています。


4 被害地域の住民ができる防衛策

カンザイシロアリの防除については、現在、日本しろあり対策協会が中心となってマニュアル作りを進めているそうですが、公式な駆除方法は公表されていません。

日本のシロアリ駆除業者は、カンザイシロアリ駆除の経験は限られています。駆除費用は、燻蒸法、ホウ酸塩法ともに、地下シロアリ駆除の2−3倍と推定されます。消費者が、100万円程度の高い処理費用を受け入れるかどうかも問題です。

このような状況下では、住民は自分自身でマイホームを守るくらいの気概が必要です。

以下の対策は、米国の専門誌や業者の防除マニュアルをもとに作成したものです。カンザイシロアリは、一度侵入されると駆除は困難かつ高価ですが、ホウ酸塩を使用する予防処理は、安全、安価で、素人でも容易にできます。




4−1 被害地域周辺に新築する場合

建設が進み、屋根が付いた時点で、屋根組、軒下、外壁、などのあらゆる構造材を10〜15%ホウ酸ナトリウム(DOT)水溶液で処理します。全ての木材が濡れるように丹念に散布することが必要です。

屋根組の処理には、ある程度高い標的に届く噴霧器が必要です。プロに依頼するのもよいでしょう。DIYなら、屋根、外壁など全部処理するのに必要なDOTは、2万円以下です。

DOTは、ヒトやペットには無毒で、シロアリ、キクイムシ、腐朽菌、カビなどあらゆる木材劣化生物に効果があります。

DOTを用いたカンザイシロアリ駆除方法を試したい方は、e-メールで下記までご連絡下さい。処理方法を詳しく説明したマニュアルをお送りします。

合成殺虫剤は、カンザイシロアリの駆除には有効ですが、予防効果は約5年で消滅しますのでお奨めできません。これに対し、DOT処理の予防効果は、適切に処理すれば、半永久的に持続します。

    有限会社 ボロンテクノロジー E-Mail:arkwtom3@m2.hinocatv.ne.jp




4−2 被害地域に近い既設住宅

被害圏内の住宅にカンザイシロアリが侵入しても、被害の徴候が現れるまで数年かかります。徴候が現れていない限り、「未だ侵入されていない」として防御処理をお奨めします。

先ず、処理する住宅を外から観察してください。軒下、窓枠、濡れ縁、ドア、デッキなどに未処理木材が使われている場合は、ボロンdeガード・DIY処理液を塗布してください。塗布部分が、雨に曝される場合には、ホウ酸塩処理後に、塗料か、木材処理用のシリコーンエマルジョン(例えば信越シリコーンX-51-1318)を塗布してください。

布基礎の換気口は、アメリカカンザイシロアの進入路になります。群飛のシーズン中は、細かいメッシュでカバーし、有翅虫カップルを入れないようにします。

屋内の柱、長押、木製家具などで未処理の木材が露出している場合は、ボロンdeガード・DIYを塗布します。色、におい、VOCなどとは無縁ですので安心してお使いになれます。



4−3 被害を受けている住宅

アメリカカンザイシロアリの被害が進行中の場合は、素人の手にはおえません。プロに依託するよりありません。ご参考までに、駆除方法を簡単に説明します。

まず、アクセス可能な全ての木材を調べ、カンザイシロアリのコロニーを全部突き止めます。

カンザイシロアリのコロニーを探すには、いくつかの方法があります。

@       木材に聴診器をあて、内部でシロアリの発する音を聞き取る。
A       シロアリが木材を噛むときに発生する超音波をキャッチする。市販装置あり。
B       マイクロ波を使って木材中のシロアリを見分ける。市販装置あり。

コロニーを確認したら、ドリルで穿孔し、ホウ酸塩溶液や他の殺虫剤を注入します。カンザイシロアリのコロニーは一つ一つ独立しているので、全部に薬液注入する必要があります。

日本の住宅では、天井裏に人が入ることは想定されていないので足場が悪く、また断熱材にガラスウールを使用している場合は、短いガラス繊維が浮遊していることが多いので、駆除作業は難航すると思われます。

米国の駆除方法は、2×4工法の住宅を前提に発達したので、日本の軸組工法には必ずしも適していない面も考えられます。この辺が一つの課題でしょう。

古い建物で断熱材が使用されていない場合、あるいは屋根の断熱材としてセルローズファイバーが使用されている場合は、屋根組の木材が露出しますので、ホウ酸塩水溶液の噴霧が有効です。ミスト法や泡処理が強力な武器になるでしょう。1回の処理では無理ですが、何回か続けるうちに完全に駆除できます。

注: 米国のカンザイシロアリ駆除の現状を解説したStanley氏の論文を、本協会ホームページ“文献紹介E”に紹介してあります。参考にしてください。

                                               以上