ご存知ですか?

省エネ住宅を新築する際、合成殺虫剤系木部処理剤を使用してはいけません!

 

建築基準法施行令49条は、「地面から1メートル以内の構造耐力上主要な部分である柱、筋かい及び土台は、有効な防腐措置を講ずるとともに、必要に応じて、しろありその他の虫による害を防ぐための措置を講じなければならない」と規定しています。

この法令に対処するため、これまでは、主要構造材中、土台は加圧処理材か耐久性樹種が使用され、外壁構造材や筋交い、構造合板などは、合成殺虫剤と防腐剤を有効成分とする表面処理剤の吹付け処理が主として行われました。

合成殺虫剤は化学的に不安定なため、日本しろあり対策協会は、国土交通省交通省との合意の下に、処理の有効期間を5年以下と規定しています。したがって、吹き付け処理は、5年ごとに再処理が要求されます。

しかし、省エネ住宅では、木部は断熱材に埋もれています。内装を取り除き、断熱材を外さなければ、構造材の再処理はできません。しかし、こんなことをすれば、再処理のたびに数百万円の費用がかかります。省エネ住宅の木部再処理は現実的に不可能なのです。省エネ住宅に合成殺虫剤系の木部処理剤を使用すれば、5年後には防腐・防蟻効果は失われ、住宅は確実に建築基準法違反住宅になります。

殺虫剤一辺倒のシロアリ防除処理の時代は終わろうとしています。これからの新築住宅の木部処理は、ホウ酸系処理剤のように化学的に安定なシロアリ予防剤を使うか、ベイト工法のように間接的に木部を保護することになります。

また、現場処理に代わって、プレカット工場や製材工場での防腐防蟻処理も有効です。

消費者の皆さん、住宅を新築する場合は、重要な構造材が、どのような手段で腐れやシロアリから守られているのか、工務店やハウスメーカーに確認しましょう。油断すれば、あなたのマイホームは、5年後には無防備の建築基準法違反住宅になってしまいます。